ロックンロール戦線異常あり

好きなものをつらつらと

アウトロの長い曲が好き

最近、自分の好きな曲の特徴のひとつに「アウトロが長い」という項目が追加された。

例えばこれ。というか、そもそも上述の好みに気づいたきっかけがこれ。6分近い曲だが、歌は曲の半分に差し掛かったところで終了。そこから3分に及ぶ長い長いアウトロが始まる。極め付けはラスト2分を飾る強烈なギターソロ、落ち着いた曲調とはかけ離れた狂い咲くような旋律だが、そこに一筋縄ではいかないくるりの魅力が存分に表れている。
アルバムだとこの曲の次にくるり史上最高にカオスな「Tokyo OP」が来るのだが、そこへの繋ぎとしても、この長いギターソロが重要な役割を担っているのは間違いない。ちなみにこの曲が入っているアルバム「songline」は全体的にアウトロ長い曲多めです。

昔軽音サークルでコピーしたこの曲も挙げよう。原曲だとフェードアウトで終わるが、ライブではこの通りセッションと言っても差し支えないアウトロがある。ベースのハマオカモトがよく注目されるが、他のメンバーも負けず劣らずのカッコよさ。Wikipediaの「グルーヴ」の項目には、この動画かZAZENBOYSの曲を貼り付けておけば問題ない。

結局自分は、余韻を強く残してくれる曲が好きなんだと思う。歌というメインの部分が終わった後も、聴き手を曲の中に引き込んで離すものかという、そんな意気込みが見える曲に魅力を感じる。

さらにいえば、アウトロまで聴き込ませるためには、結局そこに至るまでの曲の流れも良いものでなければならない。指先ひとつで躊躇いなく次の曲にいけてしまう現代の音楽の聴き方からすれば、アウトロまでしっかり聴かせられるというのは、そのバンドの実力がわかる指標のひとつ…という見方もできるかもしれない。

長いアウトロが終わってふっと訪れる沈黙には、爽やかな解放感と一抹の寂しさがある。その時の感覚が定期的に欲しくなって、いつの間にか何度もリピートしてしまう。そうやってお気に入りの曲がまたひとつ増えていく…そう思うこの頃なのでした。

煙草とコーヒーとシャンプーの匂いがするバンド、天邪鬼

あー、渋いけど古臭くない洗練されたスタイルを確立していて、そんで男臭さを感じさせながらもどこか気品もあって、なおかつそれが鼻に付かないスタイリッシュなカッコよさに結びついているイカした若いバンドはいないかなぁ…

いました

天邪鬼、一見するとロックンロールという名もなき荒野を、若いころ都会でブイブイ言わせてた爺ちゃんから受け継いだおんぼろバイクに乗って放浪している…そんな感じのバンドだ。荒っぽいギターサウンドや少し枯れた声、そんでボーカルが着ている革ジャンからは「古き良きロックンロールの匂い」がこれでもかと漂っているが、その一方で曲から古臭さはあまり感じない。もちろん男臭さはあるものの、彼らのクールな姿からは煙草やコーヒーの匂いと一緒に微かに甘い香りも漂って来て、「もしかして結構良いシャンプー使ってんのかな?」と思わせるような洒落っ気も感じる。ここまで書いて改めてMVを見てみると、ボーカルのふわっと揺れる髪にしか目がいかない。

そんな天邪鬼の音楽性にもっと言及すると、彼らは「ニューオールドロックンロール」というスタイルを掲げ、オールドロックに根を降ろしながら、そこに新たな可能性を見出そうとしている。先日発表された1stアルバムの中には、昔ながらのロックを基調としながらそこにジャズやタンゴ、フォークといった様々な伝統あるジャンルのサウンドが見え隠れし、まさしく「温故知新」と呼べる彼らのスタイルを存分に堪能できる。

そして多彩なジャンルを取り込んでいるにも関わらずそれらがしっかりと作品に溶け込めているのは、彼らの音楽に対する知識の深さ、そしてそれを形に出来る技術の賜物といって良いのかもしれない。事実Gt.Vo.のウノ太一は様々なコンテストで賞を獲っているマジの凄腕ギタリスト。溢れ出る気品の良さは伊達じゃない、音楽に対する底なしの愛情に心身を委ねた結果なのだ。

こうした試みからも彼らの、「なんだってやったるわい」という音楽に対する貪欲な好奇心やバンドとしての自信の高さ、そしてそれに甘んじない成長欲求といったエネルギッシュな衝動をひしひしと感じる。それにしてもこうしたバックバンドを呼ぶ時の相場がよくわからないのだけれど、1ステージ5000円ってかなりのサービス精神じゃないか…?メンバー1人当たり5000円でも良いくらいだと思うけど。

ここ最近で出てきたように感じるが、公式HPによると結成自体は2013年(現体制になったのは2017年)。しかしこれからいかようにも化けるであろうとんでもない可能性を秘めたバンド。いやあ数年後フジロックとかに出てきてたら面白いなあ。

ディスクレビュー:a flood of circle『CENTER OF THE EARTH』

a flood of circleの9thアルバム、『CENTER OF THE EARTH』がリリースされた。Gt.アオキテツが加入し、2枚目の1stアルバムとも呼べる前作を経て現編成で初めて制作したアルバム。これがまあとんでもないロックンロールアルバムだったわけなのです。

今作も今作とてメンバー自ら「最高傑作」と豪語していたアルバムだが、今作はこれまで以上にa flood of circleが持つロックンロールを全面に打ち出した会心の一作だと思う。ロックバンドの酸いも甘いも経験してきたからこそ出せる説得力と破壊力で、あらゆる障壁をぶち壊していくようなカタルシスがとめどなく溢れている。

とにかく勢いが半端じゃない作品だが、それでいて聴いてて飽きがこないのは、このa flood of circleというバンドが、多彩な方法で聴き手にアプローチをかけているからだと思う。「Vampire Kila」で《罪深いのと 勇気がないのは 全然違うぜ とっととやれ》と丸まった背中を蹴っ飛ばしてきたかと思えば、「光の歌」では《ありったけの命で 駆け出せ獣道 派手に転んでも 行こうぜ前へ》と強く手を引っ張ってくれる頼もしさを見せる。さらには《常識などない ダークサイドへようこそ》と怪しい世界へ誘う「美しい悪夢」のような曲まであって、様々なやり方で僕等をロックンロールの沼に引きずり込んでくれる。改めてこのバンドの聴き手に対する強い気持ちにまんまと魅せらてしまった。

もちろんこれまでもカッコいいロックンロールアルバムを届けてくれたfloodだが、今作は特にバンド感…ひとつの塊として転がっている感覚が強い気がする。その背景のひとつに4人目のメンバー、Gt.アオキテツの加入があるのは間違いない。「一貫したスタイルを持ち続けている」とVo.佐々木が評するアオキテツのギターは、間違い無く今のfloodがロックンロールを鳴らす上での支えになっている。さらにVo.佐々木亮介のソロ活動にも触れたい。海外でソロアルバムをRECしたり、大親友ことUSGの田淵とバンドを組んだりと、floodから離れた活動が増えたことに対しては心配の声も少しあったが、こうした活動に意味があったことが今作でしっかり証明されたと俺は思う。ソロで培った音楽性をバンドに持ち込んだこと、そして佐々木が1人のボーカリストとしてfloodを客観的に見る機会を通して、floodの強みを改めて認識できたこと…こうした要素が「バンドに対する自信」となってこのアルバムを傑作たらしめていると思う。とにかく、このアルバムには迷いがない。

そんな傑作のラストを飾るのは、タイトルチューン「Center of the Eearth」。6分越えの長尺でありながら長さを感じさせない軽やかさと強い意志が表れた、ラストにふさわしい名曲。サビの「マトモじゃなくても 大好きだよ」という歌詞が刺さりまくって辛いくらいだが、この言葉はファンに向けられた言葉とも取れるし、決して順風満帆な道のりではなかったバンドに向けての愛情表現にも聞こえる。この曲は今のバンドの状態がはっきり表れているとインタビューで語っていたが、「君がいれば爆笑だぜ」と歌える今のfloodは間違い無く無敵だ。

聴けば聴くほどに、バンドの調子の良さがここまではっきりとアルバムに反映されるとは…と少し驚いてしまう。メジャーデビューして10年目に突入し、中堅といってもいいキャリアだが、「あぁ、このバンドはまだ全然走れるんだな」と確かな安心感を覚えることのできる充実の最高傑作。イキの良さなら全然若手に負けていない、a flood of circleは今もありったけの命で獣道を走り続けている。

2018年、私の6枚

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今回は「2018年、私の6枚」として、2018年に出た作品の中から個人的に気に入った6枚をピックアップして紹介したいと思います。ホントは5枚とかキリのいい数字にしたかったのですが、全然絞れず6枚になりました。「ロック」と掛けてるということで、多少はね。

2018年は相変わらず音楽漬けの日々でしたが、特に今まで以上にオルタナにどっぷり浸った年だったような気がします。若手ベテランに限らず、イカしたオルタナサウンドがたくさん聞けて嬉しい限りでした。そんなわけで「2018年私の6枚」、早速紹介していきます!

w.o.d.「webbing off duckling」

2018年出会ったバンドの中で1番衝撃的な存在だったw.o.d.、その初の全国流通版。Nirvanaの愛憎入り混じったサウンドをガッツリ受け継いで、なおかつそれを自分たちのロックに昇華できたバンドは日本では彼らが最初じゃないか?とまで思う。ありったけのディストーションに乗せた、衝動と気怠さと絶望と愛でぶん殴り続ける30分間。純粋な少年少女をロックンロールの沼に引きずりこむにはうってつけの1枚。

バズマザーズムスカイボリタンテス」

最初の3曲の流れが至高。「変身」でミュージシャンとしての苦悩を吐き出したかと思えば、VRのAVを観た感想をテーマに「仮想現実のマリア」を書き上げてしまう変幻自在な山田亮一という男に翻弄されっぱなしの1枚。テクニカルなサウンドに乗った言葉の激流が聴いててとっても気持ちがいい、復活お待ちしております。

クリープハイプ「泣きたくなるほど嬉しい日々に」

「今までで1番大衆向けな作品」と某雑誌で紹介されてた時は少し不安だったが、蓋を開けてみるとあら名盤。思いをうまく伝えられないもどかしさや素直になれず皮肉を言ってしまう情けなさに悶えているのはいつものことだが、今作はそれを全て受け止めてくれる優しさに包まれている。「泣き笑い」からの「一生のお願い」で幸福感が一気に上がるのが個人的な1番の聴きどころ。

the pillows「Rebroadcast」

the pillows、30年目への突入を華々しく祝う一枚。「再放送」とタイトルにあるように過去の曲の象徴的なフレーズや展開を確信犯的に導入しているのが印象的だが、決して焼き増しではなく、バンドのこれまでの歩みを振り返りながらも確実に前に進もうとする力強さがある。今作では「ニンゲンドモ」に顕著に表れているが、このバンドは絶望や混沌の中に埋もれそうなわずかな希望を歌い上げるのが本当に上手い。

カネコアヤノ「祝祭」

昨今の女性シンガーの中でも独特な存在感を放っている気がする、カネコアヤノの1stフルアルバム。しなやかな強さと、時々漏れる本音から生まれる切なさが絶妙に絡み合った名盤。不思議な揺らぎを持ちながら確かな芯のある声が最高。3月には向井秀徳との共演が決まっている、いぎだい(大事な予定があって行けない)

Helsinki lambda club「Tourist」

Helsinki lambda clubが「ニューオルタナティブ」を掲げ、満を持して出した名盤。7曲30分の中に、ヘルシンキの色んな顔が詰まっている。日常の中の些細な気持ちの交わりやすれ違いを、巧みなポップセンスとどこかゆる〜い雰囲気で切り取った曲の数々。決して強く背中を押してくれるわけではないけど、聴くと不思議と外に出かけたくなる、そんな一枚。「死ぬまで生きたら褒めてよ」くらいのモチベーションでこれからもやっていきたいな〜…

というわけで「2018年、私の6枚」でした。所詮自己満足ですが、1枚でも手にとって聴くきっかけになれば俺にとっても、アーティストにとっても最高だと思います。さてさて今年はどんな音楽に出会えるのか…いや〜楽しみですな〜

おわり

ライブレポート:Base Ball Bear LIVE IN LIVE〜I HUB YOU〜(対バン)the pillows


2018年11月11日

ベースの日であると共にBase Ball Bear(以下ベボベ)にとって17年目の結成記念日というめでたい日。そんな日にベボベが大先輩であるthe pillowsと対バン、しかもpillowsのサポートベーシストはベボベの関根嬢!という情報量の地獄のようなライブを見てきました。
まさか人生初のベボベをこんな形で拝めるとは思ってもいなかった。めちゃくちゃ楽しかったので久々にライブレポートです。

一番手は我らがpillows、MCでさわおさんが「ライブ前にマネージャーから『pillowsのファン…20人くらいですねぇ…』と言われどうしようかと思った」と嘘か真か分からんことを言いつつもいつものようにカッコいいロックンロールがそこにあった。
そんで「いつになくキラキラしたpillows」さわおさんが評した通り、この日のサポートベースはベボベの関根嬢!さわおさんがタオルで髪をわしゃわしゃする行為を見て感動したり、pillowsへの愛を震える声で口にしたりと完全に「ファン」の立ち位置にいるのがめっちゃ可愛らしかった…すごく緊張していたそうだけど、静と動を巧みに織り交ぜた余裕のあるベースプレイは、見ててとても気持ちよかったです。
選曲も関根嬢のリクエストに応えたそうだけど、対バンライブとは思えないほどのかなり攻め攻めのセトリ。「STALKER」、「Calvero」「Sleepyhead」といったベースの見せ場が多い曲が多くて大満足。ちなみに「Calvero」はMCによると関根嬢のリクエストだそうな、よくやった!
もうすぐツアーに突入するpillows、是非次はワンマンで見たい!と思った次第。ちなみに今回いろんな意味で1番印象に残ったのは、MCを振られたシンちゃん(Dr)が開口一番「29年やってきて良かった!!」と言ったところです、良かったね…。

先輩からの最高のバトンを受け取ったベボベのライブはそれはもう凄まじかった。3ピースの演奏にアレンジされた楽曲の数々や、なんの前触れもなく導入されるチャップマンスティック(関根嬢が最近凝ってる不思議な楽器)から見える挑戦的な姿勢は、溢れ出る表現欲をガンガンぶつけているようで観ていてとても気持ちが良い。
そんな彼らの表現欲が1番爆発していたのが「The Cut」、原曲はRHYMESTERとのコラボ曲だが、ライブではこいちゃんがハンドマイクでラップを披露。この曲の時の3人の気迫は半端ではなく、めちゃくちゃ濃密なライブパフォーマンスだった。17年目の記念日ということもあってか、観客の盛り上がりも上々で「これぞライブ」な最高の時間だったよ…!

アンコールではpillowsの山中さわお(状態:酔っ払い)が登場し、funny bunnyをセッション!夢のような気分に浸る中でふと思ったのが、pillowsとベボベの今の立ち位置って似ているんじゃないかと。pillowsは新作のタイトル「Rebroadcast」(再放送)にあるように、30周年を目前に控え改めて自らの歩みを振り返っている。そんでベボベも3ピースになったことでこれまで作ってきた曲と向き合い、新たな形で「Rebroadcast」している途上にあると考えれば、歩んできた道のりに違いはあれど、両バンドの現在の立ち位置は重なるところがあるのかもなぁと、なんとなく感じた。

セッションの後も告知に新曲披露と、終始盛り上がりっぱなしのライブ、始まる前から楽しみで仕方なかったけど、始まるとこれまたとんでもないライブで終始打ちのめされていた。これからも2バンドが末永くバンドを続けていってくれればなぁと、心から思う。


餃子の王将は美味い

おわり

『フリクリ プログレ』の感想

やっと観れた

上映終了する前に早く観なきゃ…と焦っていたけど、よりにもよっていちばん近い映画館の上映時間が朝8:45からのひと枠のみ。てなわけで大学の1限に行くが如く、早起きして観てきました。バスターズにとってフリクリ鑑賞は必修項目(たぶん)、早起きなんてなんともないぜ。

感想を一言で表すと…「評価に困る作品」だった。

フリクリ オルタナ」と比べると今作は、不条理な展開が続くと言う点でかなり「フリクリ(無印)」よりだったんだけど、だからといって「これぞフリクリ!アウイエー!」て手放しに喜べるかっていうと、そうでは無かったというのが本音。むしろ「無印」に作風が近い分、なおさら違和感を覚える場面が多かった。急展開に次ぐ急展開なのは良いんだけど、細部に粗がちょこちょこあって「雑」て思うところもあったのは否定できないなあと。

改めて思ったのが、「無印」は無茶苦茶な話に見えて実は凄い計算し尽くされた作品なんだろうなぁってこと。尖ったキャラクター、尖った演出、尖った音楽をこれだけスタイリッシュに纏めあげるのは小手先の技量じゃできないと思う。ホントに並外れたセンスの塊のような作品なんだよな。

プログレ」はそのセンスを再現しようとしていた努力の跡は見えたけど、やっぱり再現しようとするだけではあと一歩届いていない。「フリクリ プログレ」をホントの意味で「プログレッシブ」な作品にするためには、続編製作までの17年という月日の中で培ってきたセンスをもっとむき出しにして欲しかったなと思う。「無印」を意識するあまりセンスの出し方が中途半端になってしまったこと、粗さの正体は多分それなのかなと、思いました。

…なんか「無印」を神格化してるみたいになっちゃったけど、「プログレ」にも名シーンはたくさんあった。水彩画調のタッチで描かれた、ヒドミが海辺を走るシーンは何とも言えない雰囲気があったし、ハルコとジンユが激突する場面でpillowsの「サードアイ」が高らかに鳴り響くシーンは「これぞフリクリ!」て感じがして熱かったな…!

フリクリ」は元が何とも掴み所のない作品であるだけに、その新作を作るってのはぶっちゃけ結構無謀な試みだったような気もする。それでもオルタナ」「プログレ」は「無印」を踏襲しつつ新しいものを見せようという試行錯誤が良くも悪くも出ていて、そういう意味ではどちらの作品も味があって楽しめたなってのが、個人的に思ったことです。

映画終わったあとは1人で、「俺だったらあの場面でpillowsのあの曲使う!」とか「俺だったらあのシーンであの演出する!」とか考えてニヤニヤしてた。そういう楽しみ方ができるのもフリクリならではかと。そう考えると、なんやかんや記憶に残る良い作品だったと思うね。フリクリ最高!アウイエー!

おわり

『フリクリ オルタナ』の感想


音楽ブログ?うるせーフリクリは音楽あってなんぼの映画だから良いんだよ!

観てきましたフリクリ
一応どういうアニメか書いとくと、元はガイナックスが2001年に作ったOVAで、そのアバンギャルド?な作風が主題歌&挿入歌を担当した我らがthe pillowsと共に大きく話題になった。そんな作品がなんと17年の時を超え新作を出すとは…これは観に行くしかないだろと、ネット上では賛否あったらしいけど俺は結構ガンガンハードルを上げて観てきました。


以降多少ネタバレ


いやー面白かった!!!

俺個人としては全然期待を裏切らない出来。OVA版のぶっ飛びっぷりを意識しつつも特に破綻もなく纏めていてかなり楽しめた。
ここからは色々感じたことをつらつら垂れ流して行きます。

1番感じたのがフリクリになくてはならないthe pillowsの役割の変化
OVA版はとにかく話がとっ散らかっててそれが長所かつ短所だったんだけど、それをpillowsの曲がググッとまとめ上げることで「スタイリッシュなアニメ」として成立してたような感じだった。
ただ今回の「オルタナ」に関しては「青春」というストーリーの軸がほとんどブレていなくて、pillowsの曲はあくまで話を支えるアクセントとしての役割に止まってたような気がした。OVA版ほどアニメと曲の共依存関係が無かったなと
だから欲を言うと「pillowsもっとゴリ押ししてもええんやで…」と言う気持ちはあった。事実pillows以外のBGMがやたらとpillowsぽくて、「それ使うならpillowsの曲にしなよ!」て思う所も割とあったし。
でも一方でpillowsの曲が使われる場面はやっぱり熱い、そしてEDに使われた新曲『star overhead』の破壊力はやばかった。この曲だけで一気に作品の評価が上がったもの。そう考えるとやっぱりpillowsはフリクリになくてはならない存在だなと感じるね。

そしてもうひとつ、「青春映画としてはバチクソ面白い」てこと。
急にラップ始めたりバスケやったりカーチェイスしたりメチャクチャやってるんだけど、「平穏な日常をかき乱されながらも自分を見つめ直して一歩踏み出す」っていう話の軸は最後までブレていなくてとても観やすかった。登場人物それぞれに自分なりの信念があって、全員に共感できたってのも大きかったな。友人とか恋とか将来とか、色んなことに悩みながら自分なりに答えを出す主人公たちの姿が眩しかったね〜

OVA版の焼き増しにならないようにしようっていう製作陣の心意気もあったと思うけど、OVA版のエッセンスを引き継ぎつつも全く新しい物語がそこにはあった。でも俺としては「もう1回観たい!」て胸張って言える作品だっただけでも嬉しかったな。
そんで次作「フリクリ プログレ」は果たしてどうなっていることやら。「オルタナ」とは結構作風違うらしい、楽しみやな〜