ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

DOESの思い出


今年は人気バンドの活動再開だの活動休止だのが多い気がする。ミュージャンってのは経済面に限らずその人の精神面、肉体面でもなかなか不安定になりやすい仕事だと思うし、まあしょうがないのだけれど。
9月18日、今年でデビュー10周年を迎える人気バンドDOESが無期限活動休止期間に入った。発表された時は正直ちょっと驚いた…まさかこのタイミングで来るとは…何にせよDOESを知ったことによる自分への影響は結構大きい。そんな思い出話。

DOESを知ったきっかけは、多分僕も多くの人と同じだ。

そう、『曇天』である
僕が銀魂にハマったきっかけはギャグの面白さでも、キャラクターの魅力でもなくDOESのこの曲が始まりであった。「何このOPかっけえ!どんなアニメなんだろう……え?チ◯コ?……面白え!」て感じ。
そこから自分はDOESを積極的に聴き始めた。そんで聴けば聴くほど普通に銀魂の曲以外も名曲揃いじゃん!てことにも気付き始めた。


個人的なおすすめ曲。疾走感あるメロディに乗せていつか来る別れへの不安とそれでも一緒にいたいと思う一途な想いが歌われる切ない曲。巧みな風景描写による歌詞の美しさと、激しいギターサウンドや氏原さんの声が持つ泥臭さが作り出す絶妙なバランスがDOESの魅力の一つだと思う。シングルでMVもあると思うのだがようつべにはなかった…

DOESを知ったことによる自分への影響は割と大きい。今までスピッツとかミスチルくらいしか聴いてなかった自分が「ロックンロール」に傾倒していくきっかけとなったのが彼らだから。その後にthe pillows界隈を知ったことで僕はみるみるうちにロックンロールの沼にはまっていくのだが、多分pillowsやミッシェルを好きになるにあたってDOESが耳慣らしの役割を果たしたじゃないかと今となっては思う。

そしてDOESはバンドの厳しさも教えてくれた。売上げについてとやかくいうのは嫌いだが、DOESの、銀魂関連以外の作品は決してその質にあった売れ行きとはいえなかった。
「アニソンは時にそのバンドのイメージを固定化させちゃう問題」、彼らはそれを如実に示したといえる。アニメの主題歌でヒットしたが、そこからみるみるうちに消滅…とまでは行かなかったものの、「アニソンバンド」という看板(というか呪い)は常に彼らの肩に重くのしかかっていたに違いない。最終的に開き直ることができたのがせめてもの救いだが、バンドの人気を維持する難しさを痛感したのはDOESが最初だ。

ああそうだ、これも言っとかなきゃあ…
僕が初めて「自分でチケットを買って」「ライブハウスで見た」ライブはDOESだった。もう一年以上前だし、その後たくさん良いライブを見てきたから記憶は薄れているが始まる前の緊張感や始まってからの半端ない熱量、観客の歓声、爆音、その全てを叩き込んでくれたのがこのライブだったのは間違いない。そのときのチケットはぐしゃぐしゃになったまま、机の引き出しにしまってある。今思えば今回のツアーも行くべきだったとちょっと後悔。

今回の活休についてはメンバー全員が、あくまで前向きな活休でありまた戻ってくるとも言ってくれた。ファンとしてはその言葉を信じるのが今は賢明だろう。やることをやりきってしっかりファンに感謝して身を引く…立つ鳥跡を濁さずの精神、流石だ
彼らがそれぞれで活躍してくれること、そしていつかまた3人で泥臭いロックを鳴らしてくれることを心より願っております。

ディスクレビュー:クリープハイプ「世界観」後編


ラストスパート!

M11:誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる
アコギをジャガジャガかき鳴らしながら歌われるブルース。肩の力を抜いて純粋に尾崎さんが見たものや思ったことを書いているような印象を受け、先の見えない暗闇の中でわずかな幸せを探し続けていたインディーズ時代の尾崎さんの姿が浮かんでくる。メジャーデビューして人気が出ると中々こういう曲は作りにくくなる気がする。

M12:愛の点滅

シングル曲。リリースされた当初はあまり印象に残らず、「これがシングルか〜」くらいの気持ちでいたけれどアルバムに入って聴いてみると爽やかながらどこか切ない雰囲気や、人の気持ちを信号に例えた上手い歌詞が結構心に響き、今はお気に入りの1曲。
《頭の中では分かってるんだけど赤でも待ちきれなくなって行ってしまうのに どうして青なら安心してしまって大事なことも言えなくなるんだろう》
「わかるーー!」というのが正直な感想。恋愛の難しさ、人の気持ちの複雑さをうまく表現してると思う。ちなみに俺の心はいつでも青信号だぜ!イェア!

M13:リバーシブルー

ひたすら《会いたくない》と繰り返しておいて最後に《そんな気持ちとは真逆の気持ち》と締めるという捻くれっぷり溢れるナンバー。AメロBメロではひたすら「上手く歩けない」自分自身に対するもどかしさが綴られており、爽やかながらどこか鬱屈した雰囲気も漂う曲である。夏が嫌いな身としては、夏の面影を追いかけて1人彷徨っているようなこの曲の歌詞が妙にしっくりくる。

M14:バンド
ラスト曲。尾崎さんがバンドに対する思いを素直に、でもちょっと捻くれた言葉で吐き出した確かな名曲。歌にすることでしか気持ちを伝えられないと自分を嘲笑しつつもあくまで正直にバンドへの愛を伝えようとする尾崎さんの不器用な姿に胸が熱くなる。最終サビ前のアカペラから始まる部分は鳥肌モノ。アウトロの男臭いコーラスも決して美しいものではないが、クリープハイプがこれからもこの4人で歩き続けるという強い意志を感じ、不思議と安心できる曲だ

総評
以上、全14曲。曲調や歌詞についてはこのレビューと同じくほとんど統一性のない、ぐっちゃぐっちゃのアルバムだが、その混沌とした感じがクリープハイプらしさを生み出していると思う。前作が良くも悪くも「良い曲」揃いだったのに比べると今作は、初期にあったかさぶたを弄るようなヒリヒリ感と、前作まであった寄り添うような優しさが遠すぎず近すぎずの距離でうまく共存できてるアルバムだ。長年応援してきた人も最近好きになった人も是非この作品でクリープハイプの、そして尾崎世界観「世界観」に触れてみてほしい。

…そうそう、特典映像のショート短編映画もなかなか見応えがあった。椎木さんの演技には本業の俳優さんには出せない生々しさがあってかなり魅力的だったよ。

ディスクレビュー:クリープハイプ「世界観」中編


続き

M6:TRUE LOVE
まさかのラップ、しかも本物のラッパーとコラボするほどの徹底ぶり。尾崎さんパートが割と分かりやすい言葉選びをしてるのに対し、ラッパー(チプルソさん)のパートは「これ即興で作ったのか!?」と思うくらい意味不明(でも本業者というだけあってめちゃくちゃ上手い)。不倫がテーマになってたり「おとといこいよ黒い」という言葉が出てきたりこれ完全にアレですよね
《one love two love three love 言葉のアヤだよTRUE LOVE》
「TRUE LOVE」=真の愛と聞くとどこか胡散臭さを感じる人もいるだろうが、この曲はあえて「言葉のアヤだよ」と前につけることで曲中で歌われる不倫という行為に対し胡散臭さを残したまま誤魔化しをはかっているように見える。ニヤニヤしながら舌を出している尾崎さんの顔が浮かぶ。「two love three love」からの「TRUE LOVE」とちゃっかり韻を踏んじゃってるのもニクイ。

チプルソさんの曲

M7:5%
ラップに続いて打ち込みのナンバー。これまでも打ち込みを用いた楽曲はあったが、ここまで徹底的に打ち込みをメインにした曲は初めてだと思う。派手さこそ全くないが優しく寄り添うような歌詞と淡々としたメロディが相まって静かな夜にあの娘のことを考えて一杯やりながら聴きたい曲。《僕の気持ちは一番搾りでも 君はいつもスーパードライで》は名フレーズ。

M8:けだものだもの
前作に「そういえば今日から化物になった」という曲があったが、それとは全く異なる曲。めちゃくちゃ歪みのかかったギターに合わせて、比喩とかではなく実際に目が10個口が20個の怪物である自分自身をひたすら嘆いており全体的に病んでおり全く救いがない。「人間見た目よりも内面が大事」という言葉に対するアンチテーゼをめちゃくちゃ大袈裟に表現した曲ともいえるかも。救いの手を握りつぶした挙句《死んでね》という歌詞で締めるのが結構キツイ。

M9:キャンバスライフ
ベースの長谷川カオナシが作った曲。絵が描けることへの憧れを歌った歌だが、いろいろと引っかかる。
《いいな いいな 絵が描けたら 表現力と説得力があるんだから》
この曲において、絵を描けるということは絶対的な力となっている。なぜかというと、表現力と説得力を持っているかららしい。一方で自分の書く歌詞では、その情景を直接伝えることができないとしている。この曲を聴いて気になるのは、カオナシさん自身が歌詞を作ることに意味を見出せなくなっているのではないかということだ。今までカオナシさんは、尾崎世界観が作る歌詞よりもどこか現実離れしたファンタジックな歌詞を多く書いてきた。しかしどんな情景でも文字にしてしまうと自分が本当に伝えたいことが真っ直ぐ伝わらない。そんなもどかしさがこの曲の背景に見られる。
《いいな いいな 魔法使いだな 分かってもらえるんだから》
この曲においてカオナシさんは「分かってもらう」ことに執拗なこだわりを見せている。このアルバムにおいて尾崎さんの苦悩がクローズアップされている印象を持つが、彼も彼なりに表現者として悩んでいるのだろう。個人的にはカオナシさんの書く歌詞は文字だけで情景を映し出せるだけの魅力があると思うけどなあ…。

M10:テレビサイズ(TV Size2'30)
現在テレビに出て歌うことにおいて曲をある程度縮めることは当たり前に行われているが、そこに噛み付いた結構過激な曲。タイアップ曲が多い中あえてこの曲を歌うことを選んだ尾崎さんの捻くれっぷりよ…。久しぶりにキレた尾崎さんが見られて安心した。個人的には是非この曲を実際にテレビで歌ってほしいが多分歌ったらもう二度とテレビに呼ばれなくなるだろう。

あと4曲!続きは次回!

ディスクレビュー:クリープハイプ「世界観」前編

数ヶ月前、クリープハイプの新アルバム「世界観」のジャケット及び曲目を見たときのバカ正直な感想としてはただただ「なんじゃこれ」だった。ジャケットはダサいし曲はなんか今までに無いようなタイトルが多いし…「TRUE LOVE」って何だよ!頭の片隅で「このまま解散すんのかな…」みたいな邪念も頭をよぎったのもぶっちゃけ事実、だったんだけど…

…まあ杞憂でしたね、うん、このアルバム、最高傑作だと思う。今までのクリープハイプの歩みを全部受け止めた上で新しいクリープハイプを創り上げようとする姿勢、決意にただただ脱帽した。発売日は合宿中だったからずっとうずうずしてて、合宿が終わった瞬間疲れた体を引きずり買いに行った。駅のコインロッカー代の500円なんてくれてやんよ!

というわけで今回も全曲レビューという形でやります。ネタバレが嫌な人は気をつけてね!

M1:手
メジャー1stに入ってる人気曲「手と手」の続編らしい。『「手と手」が離れて「手」になった』という悲しい歌。考えてみるとクリープハイプのアルバムはほとんどが別れの歌から始まってる気がするけど、どの曲も全然違う角度や視点から描かれていて面白いんだよな。ひたすら同じ言葉を繰り返すサビは曲の疾走感も合わさって痛々しいほどのキャッチーさがある、これぞクリープハイプ!な一曲。《馬鹿はあたしだな》と自分を責めまくる終盤は正直ホントにイタイ!でもその苦しさが愛おしい…

M2:破花

シングル曲。イントロのツインギターの絡みは何度聴いても独特な魅力を感じる。塾のCM曲だったけどぶっちゃけ受験生応援歌と捉えるにはかなり歪な応援歌だと思う。そもそもこの曲、他人に向けてというよりは尾崎さん自身に向かって歌っているような気がしてならない、というか実際そうなんだろう。「受験生へのメッセージ」と「表現者としての苦悩」という一見噛み合わなさそうな二つの要素をうまく組み合わせた名曲。《疑うことで何か始まる 信じる者は足を掬われる》という歌詞は捻くれているように見えるけど今の混沌とした時代の核心を突いてると思う
「動き出した君の歴史 いつも今日に答えがあるから」
どんなに苦しくても進むしか無い 表現者としての強い意思表示を感じる曲。

M3:アイニー
境界のRINNE」のOP。原作を読んで作ったとは言ってたけど厳密に言うと「内容に沿った作品」では無い。簡単に言うと、メタ的な曲。もっと簡単に言うと二次オタの歌。漫画のキャラに恋する人を主人公にして曲書くか普通?でも《あなたと私は次元が違うからきっと分かり合えない》と歌われているにも関わらず次元が違う人=二次元の人に愛を求める友達は結構いるので、彼らには是非この曲を捧げたい。絶対に実らない恋が優しいメロディに乗せて歌われる、切ない名曲
《いつか超えて会いに来てね待ってる》
最後の歌詞。普通の恋では無いはずなのに凄い純愛性を感じるのは何故だろう…

M4:僕は君の答えになりたいな
初めにタイトルだけ見た時、「back nunber?」と感じた。前作の空気を引き摺った優しげな曲。「問題」とか「足したり引いたり」とか出てきてるからこの曲も塾CMのタイアップ候補だったのかな?強い存在感があるわけでは無いけどサビは妙に耳につく。
《僕は君の答えになりたいな ずっと考えてあげる》
あれ?この歌詞「ずっと考える」のは誰なんだ?「僕」が考えるのか?答えを出すのは「君」だから考えるのは「君」じゃないの?
…君の答えになれるようにずっと僕は君のことを考えてあげるってことなのかな?だとしたら何か凄い健気な曲だな…。

M5:鬼


シングル曲だけどイントロアウトロのファルセットといいどこか官能的な雰囲気といいMVの謎ダンスといい、中々奇抜な怪作。アイニーと違ってこっちはタイアップ先の「内容に合わせた」歌詞になってるのかな?(ドラマ観てない)。歌詞にあるアイデンティティーの崩壊をMVでは「俳優が演技と現実の境を見失う」というやり方で表現しており、上手いな〜と感心。今までに無いような曲だけど、《つかの間の休息 津田沼の六畳間で》って歌詞からはクリープらしい生々しい生活感が出てて好き

続きは次回!

ポルノグラフィティがなぜ一発屋にならなかったのかを考える(前編)

音楽界は無常、無情だ。星の数ほどいるミュージャンたちの中で日の目を見られるのはほんの一握り、しかも例え日の目を見られてもその光をずっと浴びていられるのはさらに少ない。タイアップやメディアによるごり押しで1曲当て、一躍人気ミュージャンになるも、その後のCD売り上げは右肩下がり、ライブの集客もどんどん減っていき、メディアからは見放され、レコード会社との契約も切られ、地元の小さなライブハウスから再出発。しかしメンバーとの仲もギクシャクし、客も売れた曲以外で盛り上がらない、売れたいと思っても売れない…そのうち彼らは考えるのをやめた…とまあこれは少々大げさだが、このような一発屋として儚く消えていくミュージャンは枚挙に暇がない。いつまでもオウベイベイベイしてる場合じゃないんだよ。

そんな中、一発屋になりそうでならなかったミュージャンもいる。その中の1つがポルノグラフィティだ。1stシングル「アポロ」が大ヒットしてから約15年、彼らはほとんど落ち目を経験することなく音楽シーンの第一線を突っ走ってきた。スピッツミスチルが段階的に売り上げを伸ばしてきたのに対し、ポルノは最初からドーン!そしてそのままドーン!し続けたのである。どうして彼らがここまで生き残れたのかという疑問に対する超個人的な考え…今回はそんなちょっと真面目な記事。



今回のことについてまず書かなければならないのは、やはり1stシングル「アポロ」が持つ特異性についてだろう。この曲が出たのは1999年、時は正に世紀末ゥ!である。バンドブームはとっくに終了し、小室ファミリーの台頭も終焉の兆しを見せていた。どこか先の見えない混沌とした音楽界に突如現れたのがポルノである。
「アポロ」の最大の特徴はやはりその歌詞であろう。

僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう アポロ11号は月に行ったっていうのに

ポルノは冒頭のこの歌詞で、時代が変わったことを大人たちにまざまざと見せつけると同時に若者に大きな共感を与えた。「アポロ11号」という非常に具体的な単語を用いることで「時代は変わってんだよ」という痛烈なメッセージに大きな説得力を持たせたのである。「デジタル仕様」「空を覆う巨大な広告塔」「地下をめぐる情報」「Eメール」…この曲には「現代社会」を象徴する単語が大量に登場し、来たる21世紀への期待もまた描かれている。技術の変化、そして人々の変化をここまで刻銘に描く曲はこれまでほとんど例が無かったのではないだろうか。

続けてそのサウンドにも注目したい。「アポロ」はいわゆる「デジタルロック」と呼ばれる部類に入る。バンドブームからの激しいギターサウンドと小室哲也が多用したシンセや打ち込みによる機械的なサウンド、その二つを組み合わせることでポルノは今までと全く異なる独自のサウンドを生み出した。このサウンドの最大の強みは「古くなりにくい」ことだろう。シンセや打ち込みは近未来的な雰囲気を醸し出す役割こそあるが、その音は時代により流行り廃りがあるためある程度時が経つとどうしても古臭さが生まれてしまう。しかしポルノはそこに、時代による変化が少ないギターサウンドをぶち込み、そこに前述のような「時代を映し出す」歌詞をのせることでその古臭さを解消したのである。

結論として、ポルノの長続きする人気の裏には1stにおいて「他となんか違う!」という強烈なインパクトを聴く人に与えたことが一つ挙げられる。ひとえに作詞した晴一と作曲したak.hommaの半端じゃない才能の賜物だろう。
しかし、「アポロ」のその強烈すぎる衝撃は同時にポルノグラフィティ自身の認知度を低下させる事態にも発展した。「アポログラフィティ」だの「アポロの人」だのバンド名を覚えてもらえない危機に直面したのである。このままいけば間違いなく曲だけが一人歩きし、当のバンドは消えてしまう可能性も十分あった。一発屋にならないためにどうしたか、後編では2nd以降のポルノの戦略について考えていきたい。

ディスクレビュー:スピッツ「醒めない」


スピッツが3年振りにアルバムを出した 3年振りである 前アルバム『小さな生き物』を手にとったあの時からもう3年もの月日が経過したのだ
あの時高2だった俺は大学生になった 人や環境など自分を取り巻く多くのものが変わった でもなぜか「彼女がいないという現実」は変わっていない もう…ダメかもしれんね(・ω・)

…そんなことは置いといて 今回のアルバム 期待通りどころではなく期待をはるかに通り越す勢いで良いアルバムだ 今までと変わらない表情を見せながらも確実に進化しているスピッツの姿がそこにあった

今作のタイトルチューン「醒めない」 スピッツが自らをみつめ 改めてロックバンドとしての決意を新たにするような楽曲だ こういう曲は今まであまり無かった気がする これまでスピッツの曲の主人公は「草野マサムネが描く世界の登場人物」であることが多かった でも「醒めない」においては曲の主人公はスピッツ自身である この曲を聴いてなんとなくthe pillowsの曲「About A Rock'n'Roll Band」を思い出した この曲もまたロックンロールとの出会いや初期衝動 そして決意をテーマにした曲である スピッツもpillowsも右翼曲折ありながら20年以上続けているバンド 長い年月をロックンロールに捧げてきた今だからこそこういう曲が作れるんだろうと感じる

そして今作のアルバム 個人的にはとてもとんがっているなという印象を持った でもその尖りは初期の作品にあった「内なる狂気」というよりもロックンロールの基本精神ともいえる「反骨心」から生まれたもののように思える

みんなが大好きなもの 好きになれなかった
可哀想かい? 「グリーン」

狂った今を生きていこう ハチの針だけ隠し持って イキがれ 「ハチの針」

ここ最近のスピッツには見られなかった(というか表に出さなかった)かなり挑発的な歌詞 その背景にはやはり「おじさんだってロックなんだぞ」的な若手バンドへの対抗心があるのだろうか インタビューでも結構若いバンドの名前を出してたしな 少しヒリヒリするような反骨心剥き出しの歌詞が作品に良いアクセントを加え 結果としてこのアルバムを「どこか引っかかる」作品たらしめているのは間違いないと思う

個人的なお気に入りは3曲目の「子グマ!子グマ!」ヘンテコなタイトルと曲のかっこよさ/切なさのギャップに完全にやられた 特に気に入っているのが2番のサビの出だし

幸せになってな ただ幸せになってな

ここ多分『幸せになって「ね」』じゃダメなんだよだって命令になっちゃうから! 「幸せになってな」という言い回しだからこそ 祈ることしかできない無力さ そして別れた悲しみを隠しながらも「君」の幸せを願う必死さが浮き彫りになる気がする ここもう聴くたびに切なさがグアー!っとくる割とマジで俺を殺しにかかってくるリアルなキラーフレーズだ
後は「グリーン」の爽やかさも好きだし「ハチの針」のヒリヒリとしたギターも良い んで「ヒビスクス」の圧倒的な名曲感 特に「しーろーいはーなーが」の部分でピアノにバンドサウンドが被さるようにしてサビに行く流れは最高ですね これまで以上にアルバム曲に気合が入ってると思った

ごちゃごちゃと書いたが 今作はかなり自分にはアタリの作品だった きっとこれからも聴き続けていく作品になると思う あと今作は今までスピッツにあまり触れたことのない人や「チェリー」くらいしか知らない人にこそ聴いてほしい! スピッツの ロックに対する「時代に流されず かといって時代遅れにもならない」絶妙な立ち位置を感じ取ることができると思うから

ただ単に好きなMVを紹介する


長きにわたるテスト&レポートとの戦いが終わった この2週間くらい結構俺の忙しいアピールが凄かったと思うけどホントに忙しかったんだよ 友達は皆「いやポケモンGOやっとるやんwww」とか言って誰も俺の忙しさを信じてくれなかったけどね!いややってるのは事実だけどさ!それとこれとは別よ!

恨み言はさておき 今回はリハビリついでに好きなMVを淡々と紹介する「だけ」の中身もへったくれもない記事です スピッツの新譜レビューは次やります あれマジで良いよ…!

①岡崎体育「FRIENDS」

最初観た時は衝撃だった 初めて観たもん「1人で歌うデュエット」 クソ面白いのになんなのこの全編に漂う哀愁は 途中から何か¥生々しい話¥に入るし バンドめっちゃdisるし なんなんだこの人最高じゃねえか
めっちゃカラオケで歌いたいけどバンドやってる人に顔の形変えられそう ヒトカラ行こっと

indigo la End「瞳に映らない」

indigoのMVは大体川谷絵音が女の子と絡んでんだけど最高傑作はやっぱりコレ
波留さんが可愛い とにかく可愛い めっちゃ可愛い おい絵音俺と場所代われそのチューパットは俺が割る
Cメロからの展開が好き

③ドミコ「おーまいがー」

去年くらいに知って凄く好きになった2人組バンド ギターとドラムだけでやってるとは思えないほどの音の作りと オルタナ・ガレージ・サイケなど色んな要素をごちゃ混ぜにしたような不思議な雰囲気が魅力 そしてMVも曲に負けじと意味不明 古い映画(?)のシーンを繋ぎ合わせた構成だけどヤギ?ウシ?がスケートするシーン含め全体的に謎すぎる でもネタというよりは不思議と見入ってしまうアート的な魅力があると思う

スピッツ愛のしるし

結構変なMVが多いスピッツ そん中でもこれは極めつけで スピッツが次々とコスプレを披露するという今時のアイドルもびっくりのファンシーなMV 不思議なのは全然媚びてるように見えないこと ヘラヘラせず真面目な顔で演奏してるからだろうか
この時点でメンバー30歳近い割には妙に学ランが似合っている AV男優みたいになってもおかしくないのに…

(この画像に他意は無い)
あ このMVでスピッツと共演してる女優さん クールな感じが割と好みです

いかがだろうか 今はどのアーティストも必ずMVを出しているような時代だ 真面目なものであれふざけたものであれMVを通してそのアーティストの普段見られない一面を覗けたり その曲のイメージが変わったりすることもあるかもしれない 是非ようつべに潜って色々探してほしい んで良い曲があったら買ってみてほしい