ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

ポケモンの名曲を愛でる 無印編


※動画多め

アニメポケモンは名曲の宝庫である 今なおどれほど多くの現、元少年少女たちがカラオケであの子のスカートを覗いているかは想像に難くないだろう ゲラゲラポー?なにそれ?
というわけで今回はそんな感じの記事 ポケモン!ゲットだぜ!


記念すべき最初のOP そして今なお愛される普遍的な名曲 当時のアニメのOPってアニメの雰囲気をガン無視した曲が多い印象があるが(存在しないそばかすを気にしたり…) そんな中での直球 ど直球ストレート ポケモンの魅力 アニメの設定全てが詰まった理想的なアニソンといったって良い しかもめっちゃ歌詞が良い

いつもいつでもも上手くいくなんて 保証はどこにもないけど いつでもいつも本気で生きてる こいつたちがいる

何だこの清々しい歌詞は!眩しい!眩しすぎるぜ!



あれ目から水が…
当時のサトシボーカルの歌はとにかく瑞々しい そこに描かれているのは1人の少年の純粋でまっすぐな姿であり 世代を超えて共感することができるのが最大の魅力だろう アニメが大人気だったのも頷ける



サトシボーカル以外の曲も名曲揃い どの曲も必ずグッとくるフレーズがあるんだよな〜 別に凝ってるわけじゃないんだけど そのシンプルさゆえか良い感じに肩の力を抜いて聴けるところが好きだ


…(T ^ T)
当時のポケモンはやはり「子ども向け」という印象が強かったのかもしれない 歌詞も子どもに寄り添ったものが多い だがこうした歌詞は逆に大人にも滅茶苦茶響くのだ 人は成長するにつれて多くのものを失う その失ったものを思い出させてくれるような そんな力が当時のポケモンにはあったように思えてならない

今回はここまで
このシリーズ AGと映画でもやりてーな