読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

多分AIRBAGは売れる

いつものようにyoutubeを物色していたら、見慣れないバンド名が目に付いた。
「AIRBAG」
きのこ帝国やsyrup16gを輩出したukプロジェクトのニューカマー、新戦力といったところか。『birdman』と言う曲名に、伝説のバンドミッシェルガンエレファントの代表曲『バードメン』の面影を勝手に感じ、再生した。

売れそう

というのが、率直な感想である。「売れ線狙ってるな」というわけではない、「こんだけカッコいいんだから売れるだろ!!」という意味で、だ。閉塞した現実に対し闇雲に暴れ回るのではなく、機が熟すのを今か今かと待ちかまえている「birdman」の姿が、不安を切り裂くような鋭いギターサウンドに乗せて歌われる。余計な音は省いたコンパクトなサウンド、全体を通して漂うダークな雰囲気。「シンプルにカッコいい」俺が1番好きなバンドのタイプ。

AIRBAG、結成当初は4人いたらしいが、現在はGt/VoとDrの2人体制になっている(ライブはサポート入れてる)。つい最近初の全国流通版を出したばかりだが…何だかすでに貫禄がつき始めているような。若さを全面に押し出していくバンドも好きだが、この妙に落ち着いた感じが逆に「こいつらはヤバイ」感を生み出している

2016年、タワーレコード新宿店、渋谷店、梅田NU茶屋町店のみで販売されていた5曲入りのCD「DEMONSTRATION #1」は、全く無名の状態から音と縁だけで好セールスを得て大きな評判となる。

動画の説明文より引用

凄いなあって素直に思う。この話がどれだけ事実に沿ってるかはわからない。でも東京限定から1年で全国流通版を、それもちゃんとしたレコード会社から出せるってことは、実力は本物だ。いわゆる「業界の大人たち」に与えた影響もかなり大きかったんだろうと推測できる。

このバンドはこの先どう転がっていくのだろうか。インタビューによれば、目標は「幕張2days」。正直今の彼らの音楽で、幕張を目指せるとは思わない。でも彼らがこの先音楽界で暴れれば暴れる程、日本のロックンロール文化は間違いなく面白くなる…それくらいの影響力をこのバンドは持ってると思うんだよね。彼ら自身がその力に気づいているかどうかは分からんけど…でも『birdman』を聴く限り、気づいていてあえて隠してるのかも。

とりあえず3年後くらいには9mmレベルのバンドと対バンしてるのでは、と勝手に期待している。頑張ってくれ!