ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

「素」なバンド、EASYCOME

ここんとこお金がなくてCDを買えてない、ライブもあまり行けてないにゃまこです。NO MUSIC NO LIFE、音楽のない人生は退屈ね。

最近なかなか当たりのバンドに出会えず、しばらくyoutube漁りをやめていたのだが、先日久しぶりに潜ってみたらかなり好みのバンドを見つけた。EASYCOMEというバンド、まずは聴いてみて欲しい。

心地よく歪んだギター、癖のないまっすぐな歌声。今の季節特有のじめじめした空気を吹き飛ばすような、風通しの良い曲だ。2015年に結成された非常に新しいバンドだが、瑞々しさを感じる一方、曲にはどこか懐かしい匂いが漂う

俺がEASYCOMEを好きになれたのは、何というか、「素」が出てるからかもしれない。外部からの余計な手や装飾がなく、素のままの音楽という感じ。やりたいことをやりたい人と演れている楽しさや幸福感が、MVを通して聴き手にも伝わってくる気がする。

自分の鳴らしたい音を、歌いたい歌を、曲にする。誰でもできると思うかもしれないが、これが意外と難しい。「僕たち私たち、音楽楽しんでます!」感を出そうとし過ぎると、返って胡散臭くなってしまうからだ。そういうのは意図的に出すものではなく、自然と出てくる感覚だと僕は思う

できればこのバンドには今の雰囲気を変えて欲しくはない…というの1ファンのわがままだが、「素」をキープすることは難しい。この先周りの環境や自身の心境の変化がバンドの方向性を否が応でも変えようとすることがあるかもしれない。このバンドにはそういった困難をうまく切り抜ける柔軟さ、困難を屁とも思わないタフさがあるだろうか、あってほしいな、いやきっとあると信じてる。


8月に出る2ndアルバムのリードトラック。サビの「ストレート僕ら似ている カバンの中身も言える」という、ほどよいミニマム感を持った可愛らしい歌詞が素敵。色々書いてきたが、これを聴くと、まあこのバンドなら大丈夫かなと気楽な気持ちになれる。

というわけで先がとことん気になるバンド、EASYCOMEの紹介でした、チェケラ!