ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

The cold tommyは「ハヌマーンの後追い」じゃねえ

ハヌマーンにハマっている。

というか、NUMBER GIRLハヌマーンを筆頭とする「轟音オルタナギターロック」というやつに現在どハマりしている

だからイントロで程よくHIGHがかかったザラついたギターの音が響くと、つい聞き耳を立ててしまう、あれなんかハヌマーンぽいぞこれって感じで。

そして偶然バイト先の有線でかかったその曲のイントロは、まさに俺の求めていた音であった。

イントロのギターストローク、ザラザラしたサウンドがどこか気だるげな空気を生み出す。このまま超スピードのリフになだれ込みボーカルが絶叫しだせばもろハヌマーンの代表曲「妖怪先輩」なのだが、この曲はそうはならず激しくもどこかセンチメンタルなギターの音をバックに暁とともに訪れる別れの情景がドラマチックに歌われる。

The cold tommy、2009年からスリーピースバンドとしての活動を本格化させ一昨年メジャーデビューを果たしている…だが実際はもっと以前から、4人になったりVo/Gt.研井文陽のソロになったりと様々にそのカタチを変えながらも研井が守り続けてきたバンド名のようだ。


スーツを着たバンドは正義

サウンドこそオルタナやガレージを基調としながらも、ボーカルのハイトーンボイスやキャッチーなイントロからは今時のバンドのようなスタイリッシュさを感じる。その一方で歌詞は現実と幻想が巧みに混ざりあい、狂気を見せつつもそれに支配されないギリギリのバランスから成り立つ独自の世界を作り出している。

どこか飄々として洒落た雰囲気を醸しながらも、油断するとひと突きされてしまいそうな鋭さを持ったバンドだ。冒頭でハヌマーンを出したが、The cold tommyは決してハヌマーンの焼き増しバンドなんかではなく、オルタナやガレージの要素を汲み取りつつ我が道を突き進み続けている現在進行形のロックンロールバンドである。ぜひ聴いてみてくれ。