ロックンロール徒然

独断と偏見による自己満音楽ブログ

ライブレポート:CDJ17/18 2日目 前編


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年早々年末の話。

去る12/29、人生初のフェス参戦を果たした。正直かなり思うところが多く、帰りの夜行バス内でガッツリ書こうと思ったのだが、尋常じゃない疲れにより到底書けなかったため年始ムード抜けない1/3にこれを書き始めた次第である。

前書きはここまで、今回は自分が見たアーティストの感想を簡潔にまとめていく。んで最後にフェス全体の感想をちょちょっとまとめる感じでいこうと思う。んじゃ、いくぜぇ!

エレファントカシマシ(EARTH STAGE12:00〜)
トップバッターはエレカシ、まさかこんな形で人生初エレカシを拝めるとは思わなんだ。実際に見ると想像以上にVo.ミヤジの暴れっぷりが凄い。体内で制御できないエネルギーが外に漏れ出してるような、そんな感じ。ただそれが空回りで終わらないのはミヤジ自身のポテンシャルの高さ、そして他メンバーの支えと曲の良さによるものなんだろうきっと。だから変顔してもお尻ペンペンしてもガニ股になっても何故かミヤジはサマになってしまうのだ。決して整ったパフォーマンスではないが、歳を取ってもなお表現欲に飢えまくっている彼の姿は若者から見ても十分すぎるほどかっちょいい
セトリは30周年を迎える彼らの歩みを振り返るようなもの。定番だがそれがまあ熱い、特に「RAINBOW」の勢いには圧倒された…どこからそんな声が出るんですかっ!トップバッターというか既にトリのような貫禄さえ感じさせる、圧巻のステージ、満足。

ゴールデンボンバー(EARTH STAGE13:15〜)
当然初見、彼らもまたいろんな意味ですんげえライブを見せてくれた。時に優しく時に激しく曲を彩るギター(弾いてないけど)、確かな安定感でバンドを支えるベース(弾いてないけど)、熱く力強いドラム(叩いてないけど)、そんで色気と爽やかさを兼ねたボーカル(歌って…ます!)、セトリは盛り上がり重視!て感じだったけど途中でだれることなく突き抜けて行った。
んでこのバンドもパフォーマンスが凄い。「エアバンド」である以上演奏で観客を魅了させられないぶん、体を張りまくる姿には、ボーカルを1人にさせまいという気合と音楽業界で生き残ろうとする必死さが垣間見えた。躊躇なく時事ネタ下ネタに振り切ってたので、紅白やんわり出禁(本人談)になった理由がなんとなくわかったよ…
それにしても「女々しくて」の踊りの広まり具合異常じゃないですか。かなり後ろの方にいたけど、それでも踊ってる人多かった。お茶の間にここまで広がってるダンスってこれと恋ダンスくらいでしょ、多分。

BRADIO(ASTRO ARENA13:55〜途中参加)
ここ最近になって急に注目を浴び始めた気がするBPADIO、折角なら観に行くか〜と思い参戦。それにしても想像以上に人が入ってて驚いた、やっぱ注目されてんだね。
「ファンキーとハッピー、合わせてファンピーを届けに来ました!」
とVo.が言ったように、音楽性はご機嫌なファンク、それでいて決めるところはキメる。まあそれは良いんだけど、個人的にVo.の「みんなで踊ろう!」「みんなのおかげだよ!」といったとにかく一体感を求め感謝しまくる煽りが印象に残った、てか気になった。最後の方では「みんなは希望の翼!」とか言っちゃってるし、ずっとキラキラしてる、光属性。こういうコトバの存在がこのバンドがウケる理由のひとつなんだろう、ライブメイクに関してはちょっとWANIMAやブルエンに近いのかもしんない(憶測だが)。
ファンクという音楽をうまくフェスに持ち込んだ好例としては興味深い、まあ俺はもうちょっと影のあるバンドの方が好きだけど。

書きすぎたので一旦止めます、続きは次回っ!